介護施設の開業資金について知っておくこと

介護施設とひと口に言っても、その実情は様々です。

ですから介護施設の利用を検討する際には、利用する人の心身の状態などを考慮し、それに合った介護施設を選択することが求められます。まず比較的、自立に近い状態で、介護サービスを受けることよりは、機能維持などに力を入れて欲しいと言う人の場合です。このような人に対しては、通所系施設であるデイサービスが適しています。

午前中や日中などに通うデイサービスでは、生活動作に対する介護サービスが受けられる一方、リハビリやレクと言った、その人の機能維持に対して効果が期待できるサービスも提供されます。そのため生きがいや社会参加機会を得ることに対しての効果が期待できます。そしてそれにより、要介護状態の予防も期待できます。次は要介護度が重く、家庭において介護を受けるのが難しいと言う人、またできれば長く施設を利用したいと言う人です。

このような人には、特別養護老人ホームが適しています。特養は公的施設としての側面も持っているので、利用料金はできるだけ低く設定されている方が良いと言う人にも適した施設です。それから病院から退院したけれど、いきなり自宅での生活には不安があると言う人は、介護老人保健施設が適しています。この施設は、病院と在宅の架け橋的存在で、安心して自宅での生活が送れるよう、リハビリが提供されるのが特徴の施設です。ただし特養とは異なり、連続して利用できる日数には限りがあるので、その点には注意が必要です。介護サービスだけでなく医療的管理下におけるケアが必要だと言う人は、介護療養型医療施設が適しています。

認知症を発症したけれど、住み慣れた地域で生活したい、そして自分でできることは自分で行い、少しでも自立した生活を目指したいと言う人は、グループホームがおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です