良い介護施設の選び方

介護保険施行から現在に至るまで、今では介護施設は全国に多くあります。既に福祉業界の各企業や法人は情報開示が義務付けられ、各介護施設の情報はインターネットで入手する事が出来ます。但し、どの介護施設に於いても同じような情報しか掲載しておらず、利用する本人やその家族は選択が迷う所です。介護施設と言っても多種多様にあります。

例えば入所系なのか通所系なのか、その中でも医療系を含めるのか否かを決定するだけで、だいぶ選択肢も狭まります。決める際も本人や家族がしっかり考えるべきです。仮に本人が認知症等により意思決定が出来ないのであれば家族間で十分に協議します。入所系や通所系等のある程度の方向性が決まれば、実際に近くにある施設へ見学に行きます。

殆どの施設は、事前に連絡をしていれば見学は可能です。逆に見学を拒否する様な施設は、その時点で選択肢から外すべきです。実際に見学するとインターネットやパンフレットの情報と雰囲気が全く違うなんて事もあります。見学するポイントとしては、施設内の環境整備やスタッフの対応を見ると良いです。

例えば、施設内の清掃は行き届いているか、物品の整理整頓がなされているかをチェックします。清掃や整理整頓がなされていない施設は、利用者に対するケアもその程度です。続いて働いているスタッフにも注意して観察します。きちんと挨拶が出来ているか、元気に笑顔で働いているかを注意深く見る事が大事です。

挨拶が出来ずに元気が無い様なスタッフが多い場合は、利用者に対するケアも雑になりやすいので注意が必要です。その他の情報収集として、実際にその施設を利用した家族に聴いたり、口コミサイトを利用するのも良いです。今は利用者が自由に介護施設を選ぶ時代です。少しでも多くの情報を入手してより良い施設選びをすると良いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です