認知症の人と介護施設の関係

認知症の患者数と言うのは、将来的にも増加することが確実となっています。現状においても認知症は介護を要する大きな原因であり、また社会的にも取り組むべき課題とも言えます。認知症の人と介護施設の関係ですが、これは深い関係にあると言えます。また家族にとっても、介護負担の軽減、仕事と介護の関係などを考える上で、介護施設は切り離すことができない存在です。

介護施設における認知症の人の受け入れと言うのは、施設により様々です。認知症と診断されている人は原則、受け入れられないと言う施設もあれば、ある程度の症状までなら受け入れ可能と言う施設もあります。ただ施設と言う、不特定多数の人が利用する場所である以上、他者に対しての暴力行為、暴言などが見られる場合には、退去をお願いされることが一般的です。認知症の人の受け入れに特化した介護施設としては、グループホームが挙げられます。

これは、その施設がある地域に住民票がある人のみが利用することができる施設です。その人が住み慣れた地域で、自分ができることを行いながら症状の進行を遅らせ、自立した生活を送ることを目的とした施設です。それからもうひとつ、介護療養型医療施設も挙げられます。これは介護施設であると同時、医療施設でもあると言った特色を持った施設です。

そのため、医学管理下におけるケアが必要な人に適した施設だと言えます。更にその中でも、認知症の症状が進行し、自宅でのケアが難しくなった人に対しては老人性認知症疾患療養病棟が挙げられます。広島市南区の老人ホームのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です