介護施設の特徴を知っておこう

介護施設は大まかには、利用者がそこに入居して生活を送る入居系施設と、利用者がそこに通い利用する通所系施設に分類することができます。通所系施設の体表としてはデイサービスが挙げられます。午前中だけて、もしくは日中、施設を利用することで、食事や入浴、排泄などの日常生活動作に対しての支援を受けます。またその人に合わせた機能訓練やレクリエーション、生きがいの創出なども行われます。

介護サービスの提供は勿論のこと、介護予防に対してのサービスも行われることがあり、社会参加創出の場と言うこともできる介護施設です。対して入居系介護施設は、施設ごとに様々な特徴があります。まずは特別養護老人ホームです。これは病院や社会福祉法人などが運営する公的施設です。

そのため利用に関しては、その緊急度や必要性が高い人が優先されます。要介護度が重い人が入居することが可能であり、終の棲家としての役割も持っています。一方の介護老人福祉施設は、特養と同じ入居系施設でありながらリハビリを重視している施設です。病院と在宅の橋渡し的な施設であるため、連続して入居できる日数には制限が設けられています。

利用日数に制限が設けられていると言う点においては、ショートステイも同様です。こちらは文字通り、ショート、つまり短期間の入居を目的としている施設です。また有料老人ホームや高級老人ホームなどは、入居系施設であっても民間企業が運営していることが多い介護施設です。そのため利用条件が多岐にわたり、比較的、利用料金が高めに設定されていることが多いのが特徴です。

患者数の増加が見込まれている認知症の受け入れに関しては、グループホームがその専門的介護施設と言えます。これを利用できるのは、その地域に住民課がある認知症患者のみです。住み慣れた地域で生活をしながら、自立を促進することを目的としている入居系施設です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です