介護施設の種類について

少子高齢化が進んでいることに伴い老人ホームなどの介護施設が増えている傾向にあります。介護保険制度が制定される以前から、高齢者向けの老人ホームは存在しており従来は施設に入ることが老人ホームに入居すると言うのがイメージが一般的です。現代の介護施設には、介護保険の被保険者が介護保険を利用して入居できる介護保険施設と介護保険がなくても年齢などの条件を満たしていれば入居できる施設があります。介護保険施設の中でも、在宅型や入所型介護施設、地域密着型サービスに分かれ、さらに住居型には訪問介護や通所介護、通所リハビリセンターなどに分かれます。

入所型にも特別養護老人ホームや介護保険施設、指定介護療養型施設があります。介護保険を利用せず入居できる施設には、有料老人ホームやケアハウスをはじめ、老人介護法による基準を満たした介護付き有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅と多種多彩です。そして、地域密着型サービスには小規模多機能型居宅介護や認知症の方のためのグループホームなど入居者が選べないほど数多くの施設があります。そのため、これから介護施設の利用を考えている要支援や要介護の認定を受けた高齢者とその家族は、要支援や要介護に応じた施設はもちろん、経済面なども考慮して最適な施設を選ぶことが重要です。

要介護度をはっきりと示している特別養護老人ホームなどの公的施設のほかは、入居対象者の条件などを事前にしっかりと確認することも大切なポイントです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です