介護施設、公的機関運営と民間企業運営の違いとは

介護施設にはいくつかの種類があります。その種類と言うのは、介護施設そのものの特徴で分類されているほか、その運営もとによって分類されることもあります。この場合、大まかには公的機関が運営しているものと、民間企業が運営しているものとに分類することができます。まず地方自治体や社会福祉法人、病院などの公的機関が運営している施設です。

これは特別養護老人ホームや介護老人保健施設などが挙げられます。対して民間企業が運営している施設としては、高級老人ホームや有料老人ホームなどが挙げられます。運営もとの違いが、それぞれの介護施設にどのような違いをもたらしているかと言うと、まずは利用料金の違いが挙げられます。公的機関が運営している施設の場合、利用料金は比較的、安価に設定されていることが多い傾向にあります。

一方の民間企業が運営する施設の場合は、料金がやや高めで、施設によっては入居費用だけで億と言う金額が必要になることもあります。また利用条件に対しても違いがあります。公的機関が運営している施設の場合は、利用条件が厳密に定められているのが基本です。そして特養においては、その利用条件を満たしている人の中でも、健康状態や家庭状況、経済状況において、特に緊急性が認められる人が優先される仕組みとなっています。

一方、民間企業が運営している施設においては、利用条件が施設ごとにより異なっているのが基本です。そのため利用を希望している人にとっては、選択肢の幅が広いと言うこともできます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です